【保戸野】愛されて100年!青木堂🍞

みなさんこんにちは(^^♪ 保戸野地区PR大使の奥野美優です。

本日はみなさんに「おっぺる青木堂」さんをご紹介します!

 

お名前の「おっぺる」は宮沢賢治の「おっぺると象」から来ています。

通町から少し入ったところにあるパン屋さんです🍞のぼりが目印ですよ(^^♪

青木堂百年史

青木堂は1922年(大正11年)、つまり今から100年前和菓子店として現在お店がある場所に創業されました。

戦後には、2代目によって和菓子屋を残しつつ洋菓子店やパン屋の営業が開始されました。

ベーカリーとしての営業を始めたのは近くにあった「名店街」という複合商業施設でのパン部門での出店を勧められたことがきっかけでした。名店街にあったお店にはイートインスペースもあり、カフェのように賑わっていたそうです。

その後、圧倒的にパン屋が忙しくなったこともあり、商売をパン屋に一本化されました。

パンへのこだわり🍞

青木堂は「防腐剤を入れない体にやさしいパン」というところにこだわっており、パン生地には一切防腐剤を使用していないそうです!

また焼きそばパンは中の焼きそばから自家製のため、無添加で安心して食べられます(^^)

取材後にいただいた焼きそばパンとあんバターパンの写真。とってもおいしかったです(^^♪

現在パンの種類は50~60種類あり、季節ごとに変えたり新しいものを開発したりもされています。

ロングセラー商品としてはあんぱんやクロワッサン、ユニークなものとしてはオランダ焼き(湯沢市発祥の、今川焼の中身がハムとマヨネーズになったもの)をもとにした「オランダ風ドラムパン」などが販売されています。

青木堂のパンは店頭販売だけでなく、イオンモール秋田でも販売されています!

フランスパンは喫茶店や料理店に卸すこともあるそうです。

まさに人々に愛され、秋田に根付いたパン屋さんですね(^^)

青木堂3代目!店長さんの思い

最後に、店長さんにお店への思いを教えていただきました。

お客さんはうちのパンが好きで来てくれるわけだから、常に同じクオリティで提供することを大事にしています。流行りはすぐ終わってしまうと思うので、うちにあるものを残していきたいですね。

パンの美味しさはもちろん、店長さんも素敵な方で、また行きたくなりました!

みなさんもぜひ足を運んでみてください(^^)

 


おっぺる青木堂

  • 営業時間 8:00~17:00(なくなり次第終了)
  • 定休日 なし
  • Tel☎ 018-823-1622
  • 駐車場 なし

コメントを残す