【川尻】川尻地区を知ろう!②

こんにちは!あかねです🐳

今週から雪が降る予報で、そろそろ本格的に秋田の冬が始まるのかとドキドキしています!

今回は前回に引き続き、川尻地区について学んでいきたいと思います!

川尻地区の基礎知識

川尻地区は実は昔は村で川尻村と呼ばれていたそうです。

しかし大正時代に秋田市と合併し、秋田市川尻町となりました。

現在秋田市に川尻と付く地名は、

川尻町、川尻上野町、川尻大川町、川尻御休町、川尻新川町、川尻総社町、川尻みよし町、

川尻若葉町

とあり、これらの町で川尻地区は構成されています。

 

なんで川尻という名前なの?

川尻という名前を初めて聞いたとき、どんな印象を持ちますか?

川尻の名前の由来は、その名の通り川の末端にある地域だからと考えられています。

確かに現在の地図でも、川尻地区の真横に秋田運河がありますね。

また川尻という地名の場所は秋田市以外にも存在しています。

 

地域の名前の由来を知るとその土地の特徴などが見えてきますね!

ぜひ川尻以外の秋田の地名の由来を調べてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す