【泉】第34回 泉の夏祭り

こんにちは!まちプラPR大使3代目泉地区担当の谷口夏鈴です。
みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

夏といえば、皆様は何を思い浮かべるでしょうか?
海、花火、キャンプ…秋田だと竿燈とか?🍉🍧
私は泉中央公園の泉地区の夏祭りに参加してきました!夏といえば、夏祭りですよ!🎇

その道中にたくさんの綺麗なオレンジ色の花✿がアスファルトに落ちてて、
「わぁ〜綺麗〜😊」
とか思ってたら、後ろの可愛い女の子が
「う〇このお花!」
と叫び出したので、物事には色んな見方があるのだと再認識しました。
服や食べ物のトレンドは一瞬で移り変わりますが、子供たちの中のトレンドはずっと変化しなさそうですね…。
計算ドリルやストラップが売られているだけあります。

さてさて、気を取り直して本題に参りましょう〜!✨

「泉の夏まつり」概要

今年で34回目を迎える「泉の夏まつり」。

場所:泉中央公園(秋操近隣公園)
日付:前夜祭→7/29,本祭り→7/30
主催:泉学区町内会連合会・泉の夏まつり実行委員会

竿燈、泉太鼓、「よさとせ歌舞輝」、泉おんど、花火など!
コンテンツが盛り沢山の地域のお祭りの中では規模が大きいお祭りです👀

バンフレットもこんなにしっかり作られていて、とってもわかりやすい!!

今回は都合により、前夜祭の一部しか参加できなかったのですが、参加したところはしっかり伝えていきます💪

泉太鼓

泉地区のみなさんから愛されている泉太鼓🎶
こちらも「泉の夏まつり」で披露!迫力満点!!

高くから振り下ろすバチ。素早く空気を切って面に勢いよく当たって、力強い音が響く。

これは個人的に思っていることなのですが、太鼓の音って心で聞いている気がしませんか。
心臓に響くから、と言えばそうなのですが、ドクンって自分もその音に共鳴していく気がします。
なんだか不思議。

泉の空まで響く太鼓の音

泉太鼓を披露してくれた方が言っていました。伝統ですね。
泉の空に響く音がこれから何年も先の泉の夏まつりでも響いていて、
多くの人の心に届いていくんだ、と考えると「素敵だな」と思うのです✨

竿燈

秋田の夏のお祭りといえば!「竿燈」ですよね。
竿燈まつりまで1週間もない中、「泉の夏まつり」でも披露!!
いやはや、地域のお祭りとしてものすごく豪華だと思いませんか⁉

今回、演技をしてくれたのは「秋田銀行竿燈会」のみなさん。

ドッコイショードッコイショの熱い掛け声、
観客の「すごい!」とか「危ないぞ!」というような演者を励ますような声援。

演者も観客も一体となる。それが「竿燈」なのだ。と見ていて思います。
秋田県内の方はもちろんご存じだと思うのですが、県外の方も是非見ていただきたい!

演技以外だと、私の隣で見ていた小学生くらいの女の子が女の子の弟君に竿燈の説明をしていたのが印象深いです。

「竿燈って手に持ってるイメージがあるけど、手とかおでことか腰とかに乗せてるんだよ!」

素朴なところですが「そうだなぁ」と思います。
大人も子供も熱中するイベントなり、お祭りなりってそうそうないな、と思うのです。
そんな中、子供がそのお祭りを語れるくらい全世代で愛されている
とっても魅力的です💓

実際の様子です⇩


今回は「泉の夏まつり」についてお伝えしました。
また次回、お会いしましょう。

コメントを残す