磁器と陶器の違いって?🫖

 

こんにちは、あかねです😊

前回取材した暮らしの食器ミケさんで

陶器磁器の話を聞いたのですが、

二つの違いがまだはっきりわかっておらず、

ぜひ調べてみよ〜ということで、今回は磁器陶磁

器について紹介したいと思います!

 

磁器

原料:陶石(石の粉)が主

焼成温度:1200~1400度

吸水性:なし

特徴:ガラスのような滑らかさ硬質さがある。

音:金属的な高い音

色:ほぼ白色

  白くてなめらかできれい。

主な焼き物:有田焼(伊万里焼)  九谷焼 砥部焼 波佐見焼

陶器

原料:陶土(粘土)が主

焼成温度:800度~1250度

吸水性:少しあり

特徴:土の素朴な風合いや手作業の温かさ感じられる。

音:低く鈍い音

色:釉薬によって白、赤、黒、青、緑等多種多様な色がある。

  茶色くざらついている。

主な焼き物:丹波焼 瀬戸焼 唐津焼 美濃焼 信楽焼 萩焼


 

実際にいろんなお皿を触らせていただいたのですが、食器や焼き方で質感、色が全く違いました👀

またお皿によって合う料理や季節も変わるようで、

食器ってかなり奥深いですね〜

 

それでは、みなさん素敵なハロウィンをお過ごしください🧛

1 2

コメントを残す