【築山】○○ラーメン 㐂楽

○○ラーメン 㐂楽

みなさんは何ラーメンを想像しましたか?

ラーメンにはいろんな種類の味や具材がありますが、
今回、ご紹介するのは納豆ラーメンです。

秋田で50年以上納豆ラーメンを作り続けている㐂楽さんにお話を伺いました!

納豆ラーメンのお店があると聞き、茨城県出身の私の血が騒ぎました。
秋田県と茨城県では”納豆”という点においても親密な関係にあるのです。

店主が厨房に立って次の準備をしています↑

私が茨城県出身ということで、お店の方と納豆に関する話で盛り上がりました
○秋田の殿様である佐竹さんが茨城から秋田へ来た人だとか
○先代のお父さんが茨城県出身の方だとか
○納豆発祥地の一つである秋田の歴史とか
- - - - - - - - - -
むかしむかしの話です。*諸説あり。
殿様がいた時代、
戦が長引き、現地調達の食糧も底をついてきた頃、
馬のエサの供出を命じられた農民たちがまだ熱い煮豆を藁の袋に詰めて兵に差し出した。
後日、袋を開けてみると、煮豆は変色し、白い糸を引いていた。
兵たちはお腹がぺこぺこだったので恐る恐る食べた。


これが納豆の始まりと言われています。
まさに偶然の産物ですね!

納豆発祥の地は全国各地ににありますが、八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)が足跡を残した場所に繋がりがあるのではないかという話もあるそうです。
- - - - - - - - - - - 
納豆ラーメン誕生もこの歴史的背景が関わっているのかもしれないですね!

  ・ ・ ・
では、さっそく、いただきたいと思います!
こちらが 㐂楽さんの納豆ラーメン です。

いただきます(^^)

目の前に運ばれて来た時から、ふわぁ~っと納豆の香りが!
ですが、肝心の納豆が見当たりません、、、

トッピングは
野菜たっぷり・ゆで卵・ナルト・かまぼこ・肉

まずはスープを一口

がつんと納豆の味!やっぱり納豆はいる。。。
しかし、一体どこに・・・

・・・ただ、美味しい!!!
表現が難しいですが、納豆が主張しすぎずしなさすぎず、ちょうどいい具合にラーメンをまとめている感じです。食が進みます!

食べ進めると いました!

麺に絡む納豆が!
納豆のねばねばした感じよりも麺と納豆がよく絡み合っていて、つるつるっとした喉越で食べやすかったです。

ラーメンにまつわる 店主の話
地元の納豆や野菜を使って調理している(いわゆる地産地消)
★すりつぶした納豆と中味噌をねり混ぜて特製の味噌ダレを作ってる
オリジナルの麺
 ☆つるつる感が出るように、かつ、納豆と絡みやすいように一から作っている
 ☆自家製なので添加物が入っていない
 ☆アレルギーを考慮した麺

ごちそうさまでした(^▽^)

  ・ ・ ・
本記事では納豆ラーメンを大々的に取り上げてしまいましたが
㐂楽さんのメニューは納豆ラーメンだけではありません。

㐂楽さんのメニューをPDFファイルで添付させて頂きました、ぜひご覧下さい。
・メニュー_1には麺類・丼類
・メニュー_2にはスープ類・定食・一品

私はカウンター席でいただきましたが、座席もあります。

長年、お店に足を運んでいらっしゃるお客さんも多く、
おしめしていた子が、
今ではママになって子供のおしめを取り替えている。そんな、時の流れを感じる出来事があるそうです。

さらに、当時、子供たちが遊んでいたおもちゃもあり、懐かしい!と話すお客さんもいるそうです。

お店のお母さん(右)です。

とても気さくな方で、すてきな話をたくさんして下さいました。

ぜひ、ラーメンを食べに㐂楽さんへ足を運んでみて下さい(^▽^)

——————————————————–
納豆ラーメン 㐂楽
【住所】秋田市楢山川口境8-38
 *駐車場有り
【電話番号】018-835-1815(語呂:さぁ行こう!一杯行こう!)
【営業時間】9:30~20:00 *日により変更有り
【定休日】水
【SNS】”元祖納豆ラーメン喜楽” ブログはこちら
 *店主が毎日更新しています!ぜひ、覗いてみて下さい↑
———————————————————–

最後までご覧頂きありがとうございます。
他の記事も読んで頂けると嬉しいです。

written by yuka oizumi

コメントを残す