【保戸野】川とパンと・・・

今日は、2020年6月に千秋中島町にオープンしてから、多くのお客さんを虜にする川とパンと」さんを紹介します。


「川とパンと」さんのパン、とても美味しいんです!
既に足を運んだことのある方も沢山いらっしゃると思います。
まだ右手で数えられる程しか行ったことはないのですが、今私の中でナンバーワンのパン屋さんです(^-^)

見てください!この断面。密度が高いですよね。

外はカリッとしていて、中はもちもち食感。
そして、豊かな風味が口いっぱいに広がります。

パンのこだわり気になりますよね。
そこで、オーナーの「アンバイモモコ」さんにお話を伺いました。


 

★素材にこだわっています!

小麦は、秋田県の大潟村で作られている「銀河のちから」と北海道産「はるゆたか」の2種類の小麦をブレンドし、酵母は、自家製酵母とお米由来の「あこ天然培養酵母」を使用しています。
また、男鹿の塩種子島産洗双糖など、選りすぐりの材料でパンをつくっています。

今後秋田の食材をもっと使っていきたいとおっしゃっていました。楽しみですね。


★おすすめはバターロールとシナモンロール!

バターロールは素材のよさを生かしたアンバイさんのパンの魅力がぎっしり詰まっています。

 

冬の時期の期間限定商品は、コーヒーショコラナッツ・緑茶メロン・有機ココアとダークチョコなど濃厚な味わいの商品です。


★ライフスタイルを大切にしながら仕事をしていきたい!

東京に住んでいた頃、趣味としてパンづくりをしていましたが、働いていた会社をやめ、パンの修行をし、結婚を機に秋田に戻ってきたそうです。昨年、お店をオープンする前から秋田で4年ほど委託販売を行っており、今でも県内5店舗でアンバイさんのパンが販売されています。

アンバイさん、実は一番下のお子さんは幼稚園児。小学3年生、1年生、年少さんと3人のお子さんを育てながらお店を経営しています。すごいですよね…

店内にはお子さんが書いたプライスカードもあります!


「子どもたちとの時間、ライフスタイルを大切にしつつ、柔軟に、バランスを取りながら今後も仕事を続けていきたい。」とおっしゃっていました。また、「この場所が本当に好き。ここでずっと続けていきたい。」そうおっしゃっていました。

(左:2020年9月撮影 右:雪ver 2021年1月撮影)
お店の外装・内装ともにとってもオシャレで、周囲の自然と調和しています。


営業しているのは
火曜日木曜日の週2日です。
(臨時休業などのお知らせはInstagramをチェックしてください。)

週2日の営業に合わせてお仕事の休みを取ったり、朝早く遠くから足を運ぶお客様もいらっしゃるそうです。みなさんこの週2日の営業を一緒に楽しみましょう!

天気の悪い日には通信販売も行っています。普段足を運べない方、チャンスです。こちらもInstagramをチェックしてみてください。

ショーケースの裏には店員さんのお子さんが隠れています(笑)

川とパンと・・・ 
あなたならこの後に何を続けますか?

お店に行くと、自分だけのフレーズが思い浮かぶかもしれません。
ぜひお散歩がてら足を運んでみてください。


【追記】
取材日アンバイさんにおすすめのバターロールとラスク、ドリップコーヒーを頂きました。どれも美味しかった~!コーヒーはにかほ市にあるEspresso Aubeさんのものを使用。季節でブレンドを変えているそうです。

そしてこの日の私の購入品がこの4点👇左から緑茶メロン、イチジククルミ、あんバターサンド、コーヒーショコラナッツです。どれも美味しかったのですが、「あんバターサンド」!!!衝撃的な美味しさでした。塩味が効いていて最高でした。
お忙しい中取材を受けて頂き本当にありがとうございました。

【詳細情報】
川とパンと
住所:〒010-0871 秋田市千秋中島町1-17

TEL:070-4281-6810
営業日:毎週火曜・木曜日
営業時間:9:00~15:00(売り切れ次第閉店)

専用駐車場:2台
Instagram: panyaku_momoko


駐車場は2台ありますが、混雑していることもあるので歩きをおすすめします。
また、道が細いので事前にmapで場所を確認してください(^_^)/

コメントを残す